page top

スポーツとビーワン

みなさんこんにちは、いつもありがとうございます。
富良野の平井です。

昨日、富良野でレディースの会を開催しました。

今回は来年6月の北海道100kmウォーキングマラソン ボランティアの準備の一環とし
て山口県の(西岡 改め)熊野はるみ講師をお招きし
初の試み「スポーツとビーワン」という切り口での開催。

一年以上五十肩に悩まされ、病院・整形外科・整体治療・あんま・マッサージ…
何をやっても良くならなかった男性のモデルさん。

アクアーリオ&エステ会サンプルを使い、技術なしで10~20分後…
明らかに、腕があがりました!

会場のみなさんも「さっきよりあがってる、あがってる、本当だ!!」と大盛り上がり。
何よりモデルさんご本人が一番ビックリされていました。

Before

BeforeDSC_0314 before2DSC_0316

 

After

AfterDSC_0314 After2DSC_0316

その後みなさんで、腕や肩、膝などそれぞれ気になるところを相モデルで。
軽くなるのはもちろん、顔以外をやっているのにお顔があがる!という体験にまたま
たビックリ。

ビーワンのお水がリンパに溜まった老廃物を流してくれていると実感でき
改めて気づきをいただきました。

例えばバレーボールのアタッカーは試合中にだんだんと腕があがらなくなってくるが
アクアーリオをつけると一瞬でゆるみ、手があがる

逆にバスケの選手などは重い筋肉でボールを投げるため
お水をつけすぎると腕が軽くなりすぎ、ボールが飛び過ぎて入らなくなってしまう(笑)ので
調整が必要

スポーツ選手の水分補給に、飲むだけでなく、筋肉に直接届けてあげることで
緩んでラクになり、結果が出る

など、長年スポーツに打ち込んでこられてビーワンに出合った熊野講師ならではの
理にかなった、興味深いお話をいろいろお聞きできました。

ご参加の方々からも、「肩の痛い人、膝の痛い人をもっと連れてこれば良かった」
「またぜひやってほしい!」とお声があがっていました。

どうしても技術者は技術に頼りがちというか、ついマッサージなどしようとしてしまいますが、
技術は必要なく、本当に誰でもできるというところがまたスゴイと思います。

熊野講師いわく「手と肩の間にお水があることを感じてほしい」と。

寒いのであたためたアクアーリオとサンプルだけを使い
ただたださするというかなでるというか本当に優しく水を送り込み…
お水の大切さを伝えてくださいました。

これなら他に、スポーツをやっているお子さんとか学生のみなさんもお誘いできますね。
レディースの会のひとつの新しい切り口として、ぜひみなさんにオススメしたいです!

おかげさまで来年6月の100kmウォーキングマラソンに向けて、ますます楽しみになり
ました。

今年の同マラソンでは、945名のうち、600名の方が完歩されたそうです。
来年は、お水の力で、完歩できる方が増えることを願います。(全員かも?!)

今後もさらに多くの方々と共にサポートできるようにみんなで準備をすすめていきた
いと思います。

熊野講師ありがとうございました!

カットハウス飛来 平井英二

2013-11-14 14:52:35